病気を予防してくれる|アガリクスの効能を知ろう

運動

肥満や動脈硬化の予防に

メディシン

中性脂肪とコレステロール

DHAは、コレステロール値を下げる成分として注目されています。具体的にはDHAには、肝臓内での中性脂肪の合成を抑制する力があるのです。中性脂肪は肝臓から血液によって全身に送り込まれるのですが、これにはコレステロールも含まれています。そのため、中性脂肪の量が少なくなれば、コレステロールも少なくなるというわけです。中性脂肪が少なくなると肥満が、コレステロール値が低くなると動脈硬化が、それぞれ防がれやすくなります。肥満も動脈硬化も、心臓や脳などの重病の原因となるため、これらを予防できるDHAは、多くの人に摂取されています。また、血中の中性脂肪とコレステロールの減少により、血液はサラサラとした流れやすい状態になっていきます。つまりDHAの摂取により、血行不良の改善も可能になるということです。

生魚やサプリメントで

DHAは、体内で合成されない成分なので、食事で体に取り入れる必要があります。マグロやイワシなどの青魚に含まれているので、摂取にはこれらがよく利用されています。ただしDHAは加熱すると液状になる性質があるため、マグロもイワシも加熱せずに食べる必要があります。焼くと、身からDHAが溶け出してしまうため、その分は摂取できなくなるからです。しかし生魚が苦手という人もいるため、昨今ではサプリメントで手軽に摂取できるようになっています。サプリメントの場合、セサミンやビタミンEといった抗酸化物質が配合されていることが多く、これによりDHAが体内に効率良く吸収されていきます。つまりサプリメントを利用した方が、高い効果が期待できるということです。